日本は医者に甘すぎる。もっと海外の医療を見習うべきだ。

日本の医療を根本から改革するために、アメリカの医療を学ぼう

つまり裁判・交渉・支払を全てやってもらえる)と考えて医師会に加入している者もいるとさえ言われています。もちろん、医師会には医師に対する懲戒権もありません。日本の医師会は純粋な医師の利益追求団体といっても過言ではありません。平成一六年四月の日本歯科医師会の中央社会保険医療協議会(厚生労働大臣の諮問機関で、診療報酬の内容や点数について審議・答申します)をめぐる贈収賄事件は記憶に新しいところです。次に、専門医制度です。日本にも専門医制度はあります。

麻酔専門医のように厳格な認定制度もありますが、多くは、学会に加入し一定の経験を積み形式的な試験に合格すればよいというもののようです。また、専門医でなくとも診療科目を「○○科」とし保険請求をすることもできるため、専門医制度にあまり意味がありません。アメリカのように、認定された専門医でなければ医療過誤保険に加入できないというわけでもありません。

経済原理についても全く働きません。日本では医師は手厚く守られています。国民皆保険ですから、アメリカのように医療費が払えない患者の心配をすることもありません。医師賠償責任保険については、既に第2章でご紹介しました。医師に、これでもかという程手厚い保険制度で、医療ミスの抑止には効果がありません。情報公開は、極めて不十分です。医療事故・事件を起こして民事裁判で責任が認められても、実名で大々的に報道でもされない限り、国民は知ることができません。医療ミスの回数・内容などのマイナス面を知ることができないばかりか、どのような実績を残しているのかといったプラス面もなかなか知ることができません。
一次感染者と、二次感染者では証明をするための要件が異なっています。B型肝炎の一次感染者とは、集団での予防接種により、肝炎ウイルスの持続感染している方のことをいいます
まだ加入していない方は生命保険が無料相談のお店に行ってみてはいかがでしょうか。どれに入ればよいか皆目検討もつかないというなら、アドバイスを受けてみるといいですよ。


新着情報
2015/01/08 注目情報を更新しました。
2015/01/04 新着記事を更新しました。
2015/01/03 ドイツのシステムを更新しました。
2014/12/31 自由を最大限尊重を更新しました。
2014/12/29 国民に適正な医療を更新しました。
2014/12/27 腕のいい医師を更新しました。
2014/12/26 日本の医療を根本から改革するために、アメリカの医療を学ぼうを更新しました。
2014/12/23 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
ナース人材バンク看護師求人のナイチンゲール看護師の求人・募集・転職なら【FAナース】
転職実績の高い看護師求人・転職支援サイト。地域専任のコンサルタントが転職支援。資格・勤務地などご希望の条件から看護師求人を探せるサイトです。全国の看護師求人の情報を勤務形態や必要資格、こだわり条件などを指定して検索できるサイトです。